「私はダメな奴なの」を6歳児先生が斬る…!

開運おめでとうございます!!!(←何も無くても祝う事で相手の開運を確定させる手法)
開運いすずサロンです。

本日は我が家の6歳児のお話です。
あるところに「私はダメなヤツだ」「本当に私はダメなんだ!」と毎日繰り返している30歳以上の日本人がいました。
そんな【自称ダメだ大人】は自分の悪口ばかり言います。
そんな大人を見て、うちの六歳児はこう言いました。

6歳児:そんなにダメなら満美ちゃんの勉強会行けばいいのにね!!

娘も、満美ちゃんの勉強会に連れて行ってます❤
満美ちゃんの勉強会で、大人が笑顔になっていくのを観てるから、こう言ったんだと思う。
子供は大人の顔をちゃんと見てるよね~~~!!(笑)

これって満美ちゃんの勉強会に限らずなんだけど
「ダメだダメだ私はダメだ」て言う暇あったら勉強すればいいのよね。
もしくは半年くらいきちんと覚悟して、カウンセリングに通うといいの。
勉強しないし、カウンセリングにもいかないのが【自称ダメだ大人】なんだよねぇ。

さらに子供はこう言いました。
6歳児:勉強したくないなら、志村けんでも観ればいいのにね!!
ウケる~~~!
しむけんさんへの信頼厚い(笑

6歳児:楽しむ為に生まれたんでしょ!!!!!
 ↑↑↑ですよね!!!先生!!!!!!!
子どもの方が真実を観ていて、平気でソレを言えるんだよなぁって思いました。

例えば私がXさんとお友達で、Xさんが作った小物をサロンで堂々と使っているのに
Xさんが「私はダメ人間だ…」て言うと
私はダメ人間の作った小物をサロンで使っているということになるんです。
Xさんはダメじゃないです。
ダメじゃないから、私、その人のぬくもりを尊敬しつつ小物を使ってます。

そう思っているのに、本人が本人を全否定するの、めちゃくちゃショックです。
傷つきます。

言葉は言刃です。
自分で自分を傷つけていて、それを観た友達はどう思うでしょうか????

私は、ツライ。

相当繊細な、いすずサロンでした。
私、自殺しないヒト、自虐しない人とお友達になりたいです。
また、自殺した友達の命日が来るのです。
もうこういうのは、いやなんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三上 いすずをフォロー